ヘラクレスオオカブトムシ

学名=Dynastes hercules hercules





名称・・・ヘラクレスオオカブトムシ

全長・・・♂ 46〜178mm  ♀ 50〜80mm

     分布・・・中央・南アメリカ (ドミニカ島、グアドループ島)


ヘラクレスと言う 名前は、 ギリシア神話の 英雄 ヘラクレス に

ちなんで名を 付けられたと言われ、上記写真の ヘラクレスは、

ヘラクレスの中でも 大きさは、現在 世界最大で、このタテヅノ

カブト族は、中央 ・ 南アメリカの地域にだけ生息するカブトムシ

です。 タテヅノカブト族は、このヘラクレスをふくめ13種類が確認

されていて上記写真の学名は、Dynastes hercules herculesです。

色が変わる前翅は、美しい黄色に黒点があります。産地によって

も傾向が、はっきりしていますが、体内の水分量や環境の湿度の

変化で前翅の色が様々に変色をすると考えられているそうです。

頭角の形が美しく黄色みの背中が魅力で人気が世界的に高く

このヘラクレスを飼育したい人は、 多くいます。  生息地では、

保護種のため、日本では 養殖のヘラクレスが流通しています。

ヘラクレスオオカブトは、現地で、ヤシ科のアグア(ナツメヤシ)

の実に集まると知られています。  日本で飼育する場合には、

基本的には、日本のカブトムシの飼育方法と同じだといえます。


ヘラクレスオオカブトムシの♂


ヘラクレスオオカブトムシ♂成虫になったばかり



飼育知識にもどる       カブトムシ飼育ノート HOMEへ





inserted by FC2 system