ヒラタクワガタ

学名=Dorcus titanus pilifer





名称・・・ヒラタクワガタ

全長・・・♂30〜73mm ♀30〜41mm

分布・・・日本各地


ヒラタクワガタの特徴は、大あごは、大きくほぼまっすぐで

付け根から 3分の1くらいの所に、大きな歯があります。

6〜9月頃にかけて夜に活動していて 昼間は、樹皮の裏や

木と木のあいだに、身をひそめています。成虫で冬を越せる

ので、それほど飼育は、難しくないのですが、一番飼育する

場合に 注意する事がヒラタクワガタは、気性が荒いので、

ほかのカブトムシやクワガタをいっしょに飼育するとほかの

虫を かみきってしまうので個別に飼育したほうが安心です。

そして飼育する場合は、大切に飼育してあげましょう。



ヒラタクワガタ♂の横からの姿




ヒラタクワガタの♀

ヒラタクワガタの♀の特徴は、全体的にツヤがあります。

コクワガタの♀との判別が、難しく双方とも似ていますが、

全体的の色が、違います。コクワガタ♀は、前翅にツヤが、

あまりなく、うっすらグレーに対し、ヒラタクワガタの♀は、

ツヤありの黒色で、そしてよく見るとうっすら線があります。

あとヒラタクワガタの♀は、前脚にギザギザが多い様です。




飼育知識にもどる       カブトムシ飼育ノート HOMEへ





 
inserted by FC2 system