カブトムシの寿命





国産カブトムシを基に寿命を説明しています。

国産カブトムシの寿命は、約1年間です。その1年間は、

成虫期だけでなく卵として誕生した日から約1年間です。

8月中旬から9月くらいにカブトムシの卵は、生まれます。

イラストでは、大きく描いていますが、とても小さな卵です

大きさは、お米くらいで指先に、のってしまうくらいです。



9月から9月中旬くらいに、卵から出てきて幼虫になり

その幼虫が1齢幼虫と言います。



9月中旬から10月中旬くらいに、1齢から成長した幼虫は、

2齢幼虫へと成長します。



2齢幼虫から、さらに成長した幼虫を、3齢幼虫と言います。

この時の姿が長く幼虫は、この姿で腐葉土の中で冬を越し

(腐葉土は、葉の腐る熱で温度が上がる)幼虫は、快適です。

幼虫は、冬になるとあまり、食べず動かずですが、春になる

と腐葉土をさかんに、食べはじめ更なる成長をはじめます。



3齢幼虫から成長してサナギになる前の姿です。

前蛹(ぜんよう)と言います。



6月中旬くらいに、蛹(サナギ)になります。



7月中旬くらいに、サナギは、脱皮し成虫になります。



健康なカブトムシ成虫の期間は、約 1〜2ヶ月です。

そして8月下旬くらいに、カブトムシの寿命がつきます。

(まれに、少し長く生きるカブトムシもいます。)

参考にサイト内ページのカブトムシ日記は、3齢幼虫から

カブトムシ死亡までの日記を掲載しております。





飼育知識の目次へ       カブトムシ飼育ノート HOMEへ


 



inserted by FC2 system