カブトムシ飼い方(成虫編)




温度と環境の知識

カブトムシは、暑い場所は、苦手です。暑い場所に長時間おいていると

暑さで弱ったり死んでしまいます。 温度は、20〜25度くらいの温度で

日の当たらない日陰で風とうしのよいところが飼うのに良い環境です。

温度計を用意すると
安心できると思います。
夏の室内飼育だと下駄箱の
下など、おすすめです。


カブトムシの性格を理解

カブトムシは、基本的に気性の荒い種類が多くオス同士を同じケースで

飼うとケンカをして弱いオスは、体がボロボロになったり時には、殺され

たりします。       ※(メスにも同じように、こうげきをしたりします。)




個別飼育と複数飼育

個別飼育にすると・・・ケンカをしないで体力も使わず体も傷つきません

エサは、争わず好きな時に食べられるので、長く生きると考えられます。

複数飼育にすると・・・カブトムシの本質が観察でき自然の行動が、あり

ありと見れますが、争いで傷つくので寿命が短くなる事が考えられます。


飼育ケース

小さなケースで飼うとストレスがかかり弱るようです。複数飼育する場合

は、水槽やコンテナなるべく大きな物を 用途にあわせて用意しましょう。

個別飼育の場合は、産卵目的でなければ、それほど大きな飼育ケースは

必要では、ないと思われますが、どうしても大きいケースで飼育したい方

は、エサ場を増やしましょう。目的によって適度なケース選びが大切です。

※これは、悪い例です。
狭くて苦しそう!!
水槽(45cm×30)
※これは、良い例です。


マットや土

カブトムシは、夜行性ですので昼間は、マットや土を敷いておくと潜って、

そこで体を休めます。産卵目的でない場合は、5cmくらい敷いておけば

大丈夫です。 産卵目的の場合には、15〜25cmくらいの深さが必要だ

と思います。   カブトムシは乾燥に弱いのでマットに水分を霧吹きなどで

補給する事が大切です。(マットや土が乾燥した時にのみ霧吹きします。)

私は、土よりマットを
よく使っています。
霧吹きは、やり過ぎに
注意。 カビの原因へと!


止まり木(転倒回復木)

カブトムシは、ひっくりかえると自分で起き上がる事が大の苦手です。最悪

の場合起き上がれず死んでしまうことがあります。 これを防止するために

止まり木をマットの上にのせ横に寝せたり、落ち葉を入れたりします。 これ

をする事でカブトムシは、爪をかけて自分で起き上がれるようになります。

     


エサ(餌)

水分の多いスイカはカブトムシが、お腹をこわしてしまう事があります。エサ

は水分の少ないもの、バナナやリンゴがいいでしょう。あと昆虫用のゼリー

なども販売されています。ゼリーは、色々な種類があり普通の物から栄養の

高い物まであります。  

※ ・ ・ ・ ・ ・ カブトムシは、基本的によく食べます。 飼育する

場合は毎日のエサチェックが必要だと思います、カブトムシは、エサがなくな

るとエサを 探し動き回り無駄な体力を 使い、 エサをあげないと飢え死にし

ます飼育にはエサチェックが大切です。(果実は、無農薬の物が良いです。)



病気と天敵

悲しい事ですが、カブトムシが、病気になったら人の手では、治せません。

飼育での天敵は、ダニや線虫です。これらは、上手に対処すれば退治でき

ます。カブトムシの足の付け根や体のふしを見てダニや線虫を発見したら、

水道を少し出しながら水を当て歯ブラシやツマヨウジで、取り除きましょう。

そしてマットにもダニや線虫が居たらマットは、新しい物に取替えましょう。


産卵目的飼育

オスとメスを一緒に飼うと卵を産む可能性があります。産卵までの目的の

飼育なら出来るだけ大きなケースでオス1匹に対してメスを数匹を入れて

マットを厚めにしておきましょう。  15〜25cmくらいの深さが必要です。






飼育知識の目次へ       カブトムシ飼育ノート HOMEへ





inserted by FC2 system