ギラファノコギリクワガタ

学名=Prosopocoilus giraffa





名称・・・ギラファノコギリクワガタ

全長・・・♂42〜118mm ♀35〜48mm

分布・・・ネパール、マレー半島


ギラファノコギリクワガタのギラファは、キリンを意味しています。

 別名、キバナガノコギリと呼ばれ、クワガタの中で世界最大の

全長で、この大あごが特徴で、長く中央よりやや上部に1本ず

つ大きい歯がありこの長い大あごと黒く輝く全身は、迫力満点

でクワガタファンの方なら1度は、飼育してみたいクワガタです。

入荷が安定していて、入手も簡単で幼虫から飼育しても大型に

なりやすいのが、人気の秘密だと思われますが、熱帯雨林に

分布している種ですので、飼育下での日本での冬季には加温

が必要とされ熱帯雨林の温度が基本となります。 (16度以上)



ギラファノコギリクワガタの♀

ギラファノコギリクワガタ♀の前翅の色や固体全体の色は、

♂のギラファノコギリクワガタの体色と、ほぼ似ています。

♂の様な長い大アゴは、なくて体色をはぶくと固体の形は、

日本に生息するノコギリクワガタの♀に、少し似ています。

飼育下では、♂同様に冬季時期には、加温が必要です。




飼育知識にもどる       カブトムシ飼育ノート HOMEへ





 
inserted by FC2 system