コクワガタ

学名=Dorcus rectus





名称・・・コクワガタ

全長・・・♂22〜54mm ♀20〜31mm

分布・・・日本各地


コクワガタの成虫は、5〜6月頃にかけて活動しています。

コクワガタは、オオクワガタにもっとも近い種類のクワガタ

です。 寿命は、3〜4年くらいで冬も成虫のまま越せるので、

生まれてからの寿命は、クワガタの仲間では、長い方です。

大あごは、中央に1本の歯があるだけのシンプルなあごで、

一般に小型のコクワガタが多いようですが、中には、50mm

を超えるコクワガタもいます。、自然採集で50mmを超える

コクワガタを探すのは、少し困難ですが、幼虫から飼育して

幼虫の時期に、菌糸や栄養のあるものを与えればば50mm

の大きさに成長させるのは、それほど難しくないことです。



コクワガタ♂のサナギです。

カブクワのサナギに共通することですが、サナギは、光を嫌います。

光を照らすとサナギは、クネクネと動いたりして無駄な体力を使います。

飼育中に蛹室から出すのは、羽化不全の原因のひとつにもなるので、

ダニや害虫の発生が、なければ移動させないことをおすすめします。




飼育知識にもどる       カブトムシ飼育ノート HOMEへ





inserted by FC2 system