カブクワ飼育用クヌギ




カブトムシ、クワガタの飼育用クヌギの説明。



飼育用に使用するクヌギの注意

カブトムシ、クワガタが好きな木は、クヌギだと知られていますが

飼育する時に、樹液の出ていないクヌギを使用する場合の方が

多いと思います。 この時のクヌギの役目は、転倒回復の役割を

します。(クヌギでなくても良いのですが、爪が、 かかりやすい)

カブトムシ・クワガタは、ひっくりかえると、元に戻る事が苦手です

ひっくりかえるとバタバタして、体力を使い最悪の場合、死にます。


クヌギは爪が、かかり登り易くクヌギには、カブトムシ、クワガタが好む

栄養素が自然に含まれていますが、クヌギを切ってしまうと樹液は、

ストップしてしまうので、飼育用で使用するときは、食べ物の事をよく

注意してカブトムシ、クワガタの寿命をさらに、延ばしてあげましょう。





自然のクヌギ

種 類・・・ ブナ科  コナラ属

学 名・・・ Quercus acutissima

大きさ・・・15〜20mにも育つ



自然の山々に生息するカブトムシやクワガタは、木から出て

いる樹液に集まり、自ら樹脂(皮)を削り、そこから出る樹液を

吸って生きています。    クヌギには、とっても大事な栄養分

が含まれていて樹脂(皮)から出る樹液が食べ物と言えますが

飼育用で使用する場合は、樹液にかわる食べ物をあげましょう。





飼育知識の目次へ       カブトムシ飼育ノート HOMEへ







inserted by FC2 system