オオクワガタ

学名=Dorcus hopei binodulosus





名称・・・オオクワガタ

全長・・・♂28〜79mm ♀34〜45mm

分布・・・北海道、本州、四国、九州、中国


オオクワガタは、クヌギなど紅葉樹の樹液に集まります。昼間

は、木の穴にいて発見が困難、 上手に身を隠すため収穫は、

かなり難しい。 特徴としては、大あごが太く中央付近に大きな

歯が1本ずつあり先端に、ごく小さな歯が、1本ずつあります。

飼育は、成虫での越冬が可能で寿命が、ながく乾燥にも強い

ので飼育も難しくは、ない方です。 ( 寿命は、3〜4年くらい )

飼育をしてオオクワガタを大きい固体にするためには、やはり

幼虫期に菌糸や栄養の高い物を幼虫に与える事が必要です。

オオクワガタは、寿命の長さと容姿で、人気が高いようです。



オオクワガタの♀

オオクワガタ♀の特徴は、前翅にラインがあることで、

よく見ると、そのラインは、点線になっています。他の

国産クワガタの♀と比較すると固体が大きいので、

外国産でなければ、一目で判別ができると思います。




飼育知識にもどる       カブトムシ飼育ノート HOMEへ





 
inserted by FC2 system