採集記(2008年1月25日)

長崎県 〜




家族でテーマパークに、遊びにいきました。

全国的に有名なのかは、分かりませんが 県内の人は、

誰もが知っている観光スポットです。町並みは、綺麗で、

とても心が安らぐところでした。 私が気になったところは

やはり周りの山々でした。観光を終えて・・「山に行ってみよう!」

嫁の顔色をうかがいながら元気良く発表しました。

家族みんなを引っ張りまわす「ある意味 ぼうけんです。」

採集ケースと道具は、車の中に積んでおりました。(計画的犯罪)


 近辺の山々です。

こんな感じの山々が、たくさん有り 心の中では、ワクワクしていました。

採集目的は、幼虫です。 ポイントを探すために30分ほど車で、ぐるぐる

山道を20分ほど歩いて(山道が、ケワシイので家族は、車で待機)

前回採集の時、運動不足でしたが毎朝ウォーキングしたので山道を

グングン歩けました。(でもこの季節に、汗をかきました。山恐るべし)


 ポイントに到着!

家族を車に、待たせての採集ですので今回の採集には、

タイムリミットが、ありました。 わたしは、すばやくポイント内の中へ

潜入しました。 ポイント内は、少し傾斜が・・・「うわっ」「ズルズル どてっ!」

いきなり転倒 っっっ痛〜採集開始です。

 怪しい朽木発見

採集開始から20分ほど、何本かの朽木割りをしてみましたが、

当たりは、なく(泣く)採集を続け上の写真の朽木を発見しました。

この朽木は、根が、張っていたのですが、手で押すと根ごと起き

上がりそうです。そのまま「えいっ!!」根が起き上がりました。


 幼虫発見!!!

幼虫発見!!起こした朽木の根の裏中央部分に

白く輝く幼虫がいました。観察すると頭は、地中を向き

お尻は、朽木の根に・・・(何か気になりました。)

ピンセットで採集作業開始です。(この時は、慎重に行いました。)



幼虫を採集して手のひらに乗せて見ました。 この時の私は、

手のひらに、宝石をのせている感覚に見回れました。

幼虫は、硬くしっかりしていました。

種類は、私には、判定不可能なので、飼育しながら詳しく

調べて行こうと思っています。

この後も採集したかったのですが、これで満足と心に言い聞かせ

幼虫を飼育ケースの中へ入れて

家族を待たせている車に急いで帰りました。


採集記(2008年1月25日)おわり





採集記の目次にもどる       カブトムシ飼育ノート HOMEへ


inserted by FC2 system