採集記(2008年2月18日)

長崎県 〜




近所の小学生情報により牧場の近くの畑でカブトムシの

 幼虫を沢山、採集した事を聞き、さっそく行ってみました。




牧場近くの畑は、雑木林に囲まれた自然に恵まれた場所でした。

畑のご主人に、採集許可をいただき採集を開始しました。情報に

よると畑に牧場の牛糞が少し置いてある所らしいので牛糞に直行




「な・なんと!」お見事!小学生の採集家の方々が、

カブトムシの幼虫を根こそぎ採集した後でした。




カブトムシは、100以上産卵する事もあるので

めげずに採集を続行し牛糞を掘りました。

牛糞は、臭くなかったです。土の香りでした

自然酸化だと思われます。乾いた所は、

市販のカブトムシマットに似ていました。




約 30〜40cm掘った所でやっと発見しました。




何箇所も掘ったのですが、採集結果は、一頭だけでした。

牛糞の事を畑のご主人に、聞きました。肥料に使った余り

を夏前からずっと置いていたそうです。牛糞は、自然酸化

してマットになってカブトムシの産卵場所となったようです。



採集記(2008年2月18日)おわり





採集記の目次にもどる       カブトムシ飼育ノート HOMEへ


この幼虫の羽化までの飼育日記へ


inserted by FC2 system