採集記(2008年7月13日)

長崎県〜




車で、ひとっ走りのクヌギが多い山林に行きました。

子供も行きたいと言うので一緒に、カブクワ採集を

楽しむ事に、蚊に刺されないように、長袖、長ズボン

を子供にも着用させました。   私も着用しました。


  現地の木々を探索すると
 

 毎年夏になると臭う、この

 クヌギの香りを嗅ぎました。

 カブクワが居る香りです。

 クヌギからは、樹液が、

あふれ出ていました。




昼間に採集ですので、なかなか目に見える場所は、いませんでした。

クヌギの根元を探しても当たりがなかったので、クヌギを揺らして見る事に


手で押して揺れるクヌギを揺らしまくりクワガタがやっと2匹採集できました。



採集の結果です。

クワガタ2匹で、ノコギリクワガタの大あごの先端が、折れていました。

戦闘で、負傷したのでしょうか?折れていなければ形がいいのに、など

考えていると・・・子供は、ソンとゴクウにしようと名前を付けていました。



 カブクワのほかに採集した昆虫です。

 トンボ、バッタ、小バッタ5匹

 これは、その日にリリースしました。





採集記(2008年7月13日)おわり





採集記の目次にもどる       カブトムシ飼育ノート HOMEへ


inserted by FC2 system